陸上の少年男子共通円盤投げは全国高校総体王者、幸長(生光学園高)の独壇場だった。出場選手の中でただ一人50メートル台を連発し、4投目に56メートル46のジュニア日本新をマーク。強さが際立った。

...    
[記事全文]