プロバスケットボールbjリーグの2015~16シーズンが2日、開幕した。リーグ統合に伴う最後のシーズンはTKbjリーグとして開催し、東地区12、西地区12の計24チームで競う。大分・愛媛ヒートデビルズは3日午後6時から、大分市のコンパルホールでライジング福岡との開幕戦に臨む。
 大分・愛媛は今季、13人体制で52試合(ホーム26試合)を戦う。外国人3人を含む12人が新加入・移籍組で「新生ヒートデビルズ」としてプレーオフホーム開催(西地区4位以内)を目指す。
 チームは2日、県総合体育館で軽めの調整を行い、開幕戦に備えた。梅田智之監督は「短い期間ながら各選手が組織...    
[記事全文]