バレーボール全日本男子代表の清水邦広選手(福井工大福井高出身、パナソニック)が2日、福井新聞社を訪れ、9月に行われたワールドカップ(W杯)の戦績を報告した。日本は5勝6敗の6位でリオ五輪出場を決められなかったが、主将を務めた清水選手は「4年前のW杯では勝ち目がなかった強豪相手にも良い試合ができた。自信になった」と手応えを口にした。歌手の中島美嘉さんとの結婚生活については「心の支えになっている」と笑顔で話した。

 清水選手や福井県協会の齊藤惇副会長、西川正彦理事長ら4人が訪問。吉田真士社長と歓談した。

 清水選手は、強豪に善戦した要因の一つにサーブ力を挙げ...    
[記事全文]