男子プロバスケットボール、bj秋田の選手らが9月30日、秋田県庁を訪れ、堀井啓一副知事にTKbjリーグとしては最後となるシーズンでの初優勝を誓った。
 訪れたのは水野勇気社長と長谷川誠ヘッドコーチ、全選手ら19人。bj秋田は昨シーズンまで2季連続でプレーオフファイナルに進出したものの惜敗した。
 来季から男子のナショナルリーグ(NBL)と統合したBリーグがスタートすることを踏まえ、水野社長は「今季こそ優勝し新リーグに向かいたい」と強調。キャプテンの水町亮介選手(34)は「2季連続で悔しい思いをしているので頂点に立ちたい」と語った。
 堀井副知事は「三...    
[記事全文]