2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアム、新国立競技場(東京都新宿区)建設の事業主体、日本スポーツ振興センター(JSC)の新理事長に1日に就任した大東和美氏(66)が東京都内で記者会見し、「新国立の整備で厳しい指摘を受けていることは重々承知している。改善を速やかに図り、再整備に向けてしっかり取り組みたい」と話した。


 サッカー・Jリーグ前チェアマンの大東氏は、目標とする新国立の20年1月完成という重責を担うほか、所管する文部科学省の14年度の業務評価で最低ランクとな...    
[記事全文]