TKbjリーグの2015~16シーズンが2日に開幕する。高松ファイブアローズは3、4の両日、昨季王者の浜松・東三河フェニックスとの敵地2連戦で参戦10年目の節目をスタートさせる。今季は新たに津田洋道監督、伊藤伸由コーチが就任し、外国籍選手も総入れ替えとなるなど、チームは大きく生まれ変わった。目指すスタイルは「走るバスケ」、目標は2年連続のプレーオフ進出。来年の新リーグ発足に向けても弾みを付けたいところだ。伊藤コーチに今季の戦い方や意気込みを聞いた。
 ―開幕が迫った。
 楽しみ、期待が大きい。スタッフ、選手が大幅に入れ替わり、プレースタイルも変わった。昨年から残...    
[記事全文]