広大な水田に色とりどりの稲で巨大な絵を描く青森県田舎館村の「田んぼアート」が、20日までに見ごろを迎えた。夏の津軽平野に、世界文化遺産に昨年登録された富士山と三保松原の上を、羽衣をまとった天女が舞う「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)