体操の全日本シニア選手権は22日、群馬県の高崎アリーナで行われ、男子鉄棒で来夏の東京五輪代表入りを目指す内村航平は種目別に専念後初めての大会でミスが出て、14・200点で6位だった。宮地秀享が最高I...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ