体操の全日本シニア選手権は19日、群馬県の高崎アリーナで公式練習が始まり、種目別の鉄棒に絞って東京五輪代表入りを目指す男子の内村航平がH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」を決めるなど、22日の本番に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ