【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は14、15日の常任理事会で、WADAへの拠出金停止を検討している米国と問題解決に向けて協議する方針を確認した。ロシアの不正問題を巡るWADAの対応...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)