東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は3日、大会延期決定前に策定した選手や関係者らの輸送計画を原則として維持する方針を明らかにした。1日当たり最大2千台の利用を想定していた関係者用バスは、仮契...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)