来年開催される東京パラリンピックへの出場を目指す日本選手の7割超が、新型コロナウイルスの感染拡大などにより、競技を継続できるか不安を感じたと答えたことが23日、共同通信のアンケートで分かった。一方、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)