「近代五輪の父」と呼ばれるフランスのクーベルタン男爵が、1914年に国際オリンピック委員会(IOC)の創立20周年記念式典に合わせて公表した五輪マークの原本がオークションで18万5千ユーロ(約227...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)