開催が延期された東京五輪・パラリンピックについて、日本財団(東京)の17~19歳の男女千人対象のアンケートで、「簡素化する」を含めても、来年開催した方がよいとする人は46・5%にとどまった。3割が再...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)