スポーツビジネスに精通した経済学者で米スミス大のアンドルー・ジンバリスト教授(72)が14日までに共同通信の取材に応じ、東京五輪の1年延期に伴う追加コストに関し、国際オリンピック委員会(IOC)が半...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)