カナダの反ドーピング機関で、スポーツ選手の倫理教育や啓発活動も行う組織、カナディアン・センター・フォー・エシックス・イン・スポート(CCES)は23日、五輪の競技会場などで政治的、宗教的、人種的な宣...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)