【パリ共同】ロシアの組織的ドーピング隠蔽疑惑で収賄罪などに問われたセネガル人の前世界陸連(旧国際陸連)会長ラミン・ディアク被告(87)の弁護側は18日、パリの裁判所で開かれた最終弁論の公判で、背任罪...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)