東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は12日、組織委理事会後の記者会見で、東京大会のスポンサー企業に対し、延期に伴う契約延長を丁寧に要請していく考えを示した。「12月末で契約が切れる...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)