【ジュネーブ共同】国際重量挙げ連盟(IWF)の不正疑惑を巡る調査結果が4日に公表され、世界選手権の金メダリストを含む40件のドーピング違反隠蔽や、4月に辞任したアヤン前会長による不正会計と1040万...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 重量挙げTOPへ