国際体操連盟(FIG)は4日、東京五輪の1年延期に伴う予選方式の変更を発表し、予選の実施期間は来年6月29日まで延長された。五輪出場枠324の大半は既に確定しているが、新型コロナウイルスの感染拡大で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ