【ベルリン共同】新型コロナがスポーツ界にも大きな影響を及ぼす中、世界反ドーピング機関(WADA)が不正摘発の新たな方法としてAIの活用に注目している。東京五輪・パラを前に相次ぐ大会中止や検査員の移動...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)