フェンシング男子フルーレで日本代表チームの主将を務める松山恭助(JTB)が24日、小中学生30人を相手に競技の動きを取り入れた体操教室をオンラインで実施した。約30分間、一緒に汗を流し「必要なトレー...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ