新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京五輪・パラリンピックについて、国際オリンピック委員会(IOC)の幹部から来夏に開催できない場合、再延期を否定する発言が相次いだ。トーマス・バッハ会長に続き...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)