東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は15日、国際オリンピック委員会(IOC)が来夏へ延期となった東京五輪に最大8億ドル(約860億円)を拠出する計画を発表したことについて、一定の評...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)