【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は4月30日、ロシアの組織的なドーピング検査データ改ざん問題で、疑惑の298選手に対する独立調査部門の調査が完了したと発表した。少なくとも145人に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)