東京五輪・パラリンピックは約8万人の大会ボランティアが運営を支える。来年夏に延期しても採用は全員継続される方針だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でスケジュールは不透明。仕事や就職活動を理由に参加...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)