男子高飛び込みのホープで13歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が28日までに書面取材に応じ、実戦の再開が見通せない現状にも「不安定な技の基礎練習を増やしたり(技を)磨いたり、成長できる時間が増えたので、むし...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 飛び込みTOPへ