東京五輪の1年延期に伴う追加費用に関し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が数億ドル(数百億円)の負担を覚悟している姿勢を示唆したことについて、大会組織委員会は13日、「IOC、東京都、国...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)