国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長は8日、新型コロナウイルス感染拡大により延期された東京パラリンピックで、予選方式や選手のクラス分けの手順見直しを早急に進め、新たな指針を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)