日本中央競馬会(JRA)は7日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドバイ国際競走(中止)の騎乗でアラブ首長国連邦(UAE)に渡航し、帰国後の2週間、自宅待機となっていたクリストフ・ルメール、古川...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)