国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長(61)は2日、東京都内で共同通信の取材に応じ、1年延期となった東京五輪の体操、新体操、トランポリンで既に各国・地域が獲得した出場枠についてはそのまま維持する考え...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 新体操TOPへトランポリンTOPへ