麻生太郎副総理兼財務相は2日、東京五輪・パラリンピック延期で必要となる予算の確保に前向きに取り組む意向を示した。超党派の東京五輪・パラリンピック推進議連の総会で十分な予算措置を求められ「きちんと対応...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)