【ジュネーブ共同】東京五輪の式典制作に関わるイタリアの演出家、マルコ・バリッチ氏が、来年7月開幕に史上初の延期となった同五輪の開会式で、新型コロナウイルスに関する演出を取り入れるべきだとの考えを表明...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)