日本身体障害者アーチェリー連盟は1日までに臨時理事会を開き、昨年の世界選手権の結果で東京パラリンピック代表に内定した4選手について、国際パラリンピック委員会(IPC)が出場枠割り当ての方法を大幅に変...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アーチェリーTOPへ