スポーツ庁の鈴木大地長官は31日、国の競技力向上事業に関し、新型コロナ拡大で東京五輪・パラリンピックが延期となった2021年度も、20年度と同じく100億円規模の予算確保を目指す考えを示した。共同通...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)