東京五輪・パラリンピックの1年程度延期に伴い、政府や東京都、大会組織委員会は交通混雑の対策を再検討する。首都高速道路の料金を時間によって変動させる「ロードプライシング」など柱となる対策は維持する方針...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)