川崎市麻生区の少年野球連盟がこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大による休校やスポーツ自粛で運動不足になりがちな子どもたちに体を動かす場を提供するため、区内2カ所のグラウンドを開放した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)