日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は東京五輪の1年程度の延期決定から一夜明けた25日、東京都内で取材に応じ「予想以上に早く方向性が定まった。アスリートの安全を第一に考えた苦渋の決断」と述...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)