東日本大震災の被災地を「復興の火」として巡回する東京五輪の聖火が22日、岩手県で展示された。三陸鉄道リアス線や、JR釜石線を走る「SL銀河」に載せられ、津波で被災した沿岸部などを巡回。一部の途中駅で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)