1964年の東京五輪で使われた聖火台が16日、埼玉県川口市からトラックに載せられて出発した。旧国立競技場の解体に伴い、製造元である川口市内で昨年10月から展示されていた。約1カ月の整備期間を経て、4...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)