2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、競技、種目を表す絵文字「ピクトグラム」で、新たに会場で流す映像やテレビの中継映像などで使う「動くピクトグラム」を制作したと発表した。五輪・パラリ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)