バドミントンのアジア団体選手権は15日、マニラで男女の準決勝が行われ、女子の日本はマレーシアを3―0で下し、決勝へ進んだ。シングルスで山口茜(再春館製薬所)と高橋沙也加(日本ユニシス)が勝ち、ダブル...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バドミントンTOPへ