2020年東京五輪・パラリンピックに向けたドーピング検査員を対象に、パラスポーツをテーマにした研修会が15日、東京都内で開かれ、脳性まひなど障害に応じた選手への柔軟な配慮の必要性やコミュニケーション...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)