セーリングの世界選手権最終日は15日、オーストラリアのジーロングで行われ、男子49er級の高橋レオ、小泉維吹組、ナクラ17級の飯束潮吹、畑山絵里組が東京五輪代表に決まった。高橋組は33位、飯束組は1...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 自動車TOPへセーリングTOPへ