内閣府は14日、「日本プロスポーツ大賞」を主催する公益財団法人日本プロスポーツ協会に対し、評議員の人選が不適切で組織運営に問題があるとして、公益認定法に基づく命令を出した。体制の不備を改善した上で、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)