スポーツ仲裁裁判所(CAS)が東京五輪に絡んだ係争を迅速に処理するため、大会期間中に臨時出張所を東京・虎ノ門に設けることになった。出場資格や審判の判定の問題などを扱う「アドホック部門」と、ドーピング...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)