日本陸連は6日、北海道北見市などで昨年6月30日に実施された「サロマ湖100キロウルトラマラソン」について、実際に選手が走ったコースが陸連公認のコースと一部異なっていたため、陸連登録者の部(100キ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)