2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、競技会場で観客らの保安検査や巡回に当たる民間警備員に統一の制服を導入する。盗難などの防止のためにICタグを内蔵したほか、暑さに配慮した素材を使用した。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)