組織的なドーピング隠蔽があったロシア陸連の認定を、同国政府が1カ月間停止すると31日、AP通信が報じた。問題解決に向けたリーダーシップの欠如などを理由に挙げている。  ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)