東京五輪の開幕まで半年を切り、銀座から約2・5キロの晴海地区にある選手村では世界各国のアスリートを迎える準備が着々と進んでいる。五輪・パラリンピックで選手たちの生活拠点となった後、宿泊棟は同地区の大...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)